チェンジマネジメントとは?組織変革を成功させる方法をご紹介

更新

目次

  • チェンジマネジメントとは?
  • チェンジマネジメントの起源
  • チェンジマネジメントはなぜ必要なのか?
  • チェンジマネジメントの種類
  • 失敗しないチェンジマネジメントを行う方法
  • 採用の変革にはリファラル採用(MyRefer)がおすすめ

チェンジマネジメントとは、組織変革を成功させるための手法のことです。
では、なぜチェンジマネジメントが必要なのでしょうか。チェンジマネジメントの種類を確認し、失敗せずに実行するための方法についてご紹介します。

チェンジマネジメントとは?


チェンジマネジメントとは、経営学用語の一つで、経営戦略や組織の変革を成功させるためのマネジメント手法です。

組織の成功・成長のためには、時代に合わせた変革が必要になります。しかし、組織内の大きな変化に戸惑ってしまったり、変革を快く思わない社員もいるでしょう。チェンジマネジメントとは、変化を好まず現状維持を求める社員をサポートしながら組織内の変革を進めていくマネジメント手法です。

チェンジマネジメントの起源

チェンジマネジメントは1990年代にアメリカで始まった「BPR」を成功させるための一つの手法として生まれたものです。

1993年、マサチューセッツ工科大学のマイケル・ハマー教授と経営コンサルタントのジェイムズ・チャンピー氏が著書『Reengineering the Corporation(リエンジニアリング革命)』を発表しました。この中に、ビジネス・プロセス・リエンジニアリング(BPR)の概念が述べられ、この著書がベストセラーになるとともに、世界にこの考え方が広まったと言われています。

チェンジマネジメントはなぜ必要なのか?

企業がチェンジマネジメントを行う必要があるのは、なぜなのでしょうか?

必要な理由1:変化する社会・世界で成長するため

DXや働き方改革など、企業を存続・成長させるためには、時代に合わせて変化することが求められており、社会や人々が求めるものも時代に合わせて移り変わっていきます。
チェンジマネジメントの導入は、組織変革によってより効果的に成果を上げるために必要な手法であるといえるでしょう。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?定義や重要性を解説
働き方改革とは?目的や社内への導入方法は?メリットや問題点も解説

必要な理由2:プロジェクトの目標達成率を上げるため

プロジェクトを成功させることは企業の業績アップや成長にとって必須要件ですが、そのプロジェクトの目標達成率にかかわるのが、チェンジマネジメントです。
チェンジマネジメントで時代に即した生産性の高い組織に変化することで、事業効率が向上し、さまざまなプロジェクトを成功に導きやすくなっていくでしょう。

必要な理由3:企業のビジョンに沿って変革を進めるため

時代の変化に合わせて多くの企業が変化を余儀なくされていますが、その変化が計画的に行ったものかによって結果は変わるものです。チェンジマネジメントでは、企業の将来のビジョンを見据えて、計画的に順序立てて変革を進めていきます。変革を行う上で、組織編制や人事異動などさまざまなプロセスが必要になりますが、それらを計画に則って進めることで、効率的かつ確実に変革を行うことができるのです。

チェンジマネジメントの種類


チェンジマネジメントは、変革を行う組織の規模によって、以下の3つに分類できます。

個人単位

個人単位のチェンジマネジメントとは、従業員一人ひとりに向けて変化や変革を促すものになります。

現在地から目標地点までの施策を計画し変化を促していきますが、一人ひとりの性格や能力によって必要なアプローチ方法も変化が必要です。どのようにアプローチしていけば、受け入れてもらえるのかを見極め、時には心理学や神経科学の分野を用いて変化を促していきましょう。

プロジェクト単位

プロジェクト単位のチェンジマネジメントとは、特定のプロジェクトや、プロジェクト内の特定メンバーに向けて変化や変革を促すものになります。

企業の中で変化するべきプロジェクトを選び、どのような変化が求められるのか明確にしてから計画策定と実行を行うことが重要です。プロジェクトリーダーはメンバーに向けて「どのような取り組みが必要なのか?」「どのように変わっていくべきか?」を共有することで変革のために必要な知識や技術を理解することができます。

プロジェクト単位のチェンジマネジメントを通じて、変化や変革のきっかけを得たプロジェクトメンバーがプロジェクトの変革を起こし、更にはプロジェクトの変革が企業全体の変革へ影響を与えることが期待できます。

組織単位

組織単位のチェンジマネジメントとは、企業全体や事業組織に向けて変化や変革を促すものになります。

組織単位のチェンジマネジメントを成功させるためには、上述した個人単位やプロジェクト単位でのチェンジマネジメントを通して変革の基礎作りを進めていくことが必要になってきます。特に従業員一人ひとりがチェンジマネジメントを理解し進んで取り入れることで、組織全体がひとつの目標に向かって前進できるようになると考えられます。

失敗しないチェンジマネジメントを行う方法

チェンジマネジメントを成功させるためには、段階ごとに進めていくことが大切です。
今回はレヴィンの3段階組織変革プロセスに沿ってチェンジマネジメントを成功させるポイントをご紹介します。

1.解凍

組織変革の必要性をメンバーに周知・浸透させ、従来の組織体制、業務プロセス、考え方を崩すフェーズです。
組織を変革するために、「既存のやり方では通用せず、このままであれば経営状態に悪影響を及ぼす」といった認識と危機感を社内で浸透させたうえで、変革の雰囲気を醸成することで、既存の価値観や手法などの組織文化を「解凍」し、組織文化の変革に向けて準備を行うことができます。

2.変革

新しい組織体制や業務プロセス、考え方のための施策を実行して実際に「変化」を加えるフェーズです。
「解凍」によって柔軟になった考えに対して、従業員一人ひとりがどのような役割を果たすのか、果たしていくべきなのかを、研修や人材育成プログラムなどにより学習することで、組織内の考え方や行動を変化させていきます。

3.再凍結

変革した組織体制や業務プロセス、考え方を組織に定着化・習慣化されるまで落とし込むフェーズです。
新しいプロセス・考え方によって成功事例が増え、「勝利の方程式」を確立することで従業員も納得感をもって変革を推進することができるでしょう。

採用の変革にはリファラル採用(MyRefer)がおすすめ


近年ますます激化する採用市場において、従来の採用手法では企業の求める人材が確保しづらくなっており、リファラル採用は新しい採用母集団形成ができる有用な手段だといえるでしょう。

MyReferではリファラル採用の支援を行っており、既存社員の紹介から優秀な人材獲得や、エンゲージメント向上、モチベーション向上による生産性向上を実現しています。貴社のさらなる発展に向けて是非弊社サービスをご検討頂けますと幸いです。