インナーブランディングとは?方法や導入事例をご紹介

更新

目次

  • インナーブランディングとは?
  • インナーブランディングの目的
  • インナーブランディングのメリット
  • インナーブランディングのデメリット
  • インナーブランディングを導入するポイント
  • インナーブランディングを実現できるリファラル採用促進ツール(MyRefer)

企業やサービスの魅力をアピールし、ブランドイメージ向上やロイヤリティの高いファンを増やすために実施するブランディングですが、「外向き」と「内向き」の2種類あることをご存知でしょうか?

顧客や株主、採用候補者などの外部のステークホルダーに対する「アウターブランディング」と、従業員などの内部のステークホルダーに対する「インナーブランディング」です。

今回はそんなインナーブランディングについて、重要性やメリット、導入事例等についてご紹介いたします。

インナーブランディングとは?

インナーブランディング(Inner branding)はインターナルブランディング(Internal branding)とも呼ばれ、社外ではなく、社内(自社の従業員)に向けて行うブランディング活動のことをいいます。
具体的には、従業員から会社に対して「共感」「愛着」「信頼」を持ってもらうために、企業が従業員に向けて自社の理念やミッション・ビジョン・バリュー、ブランド価値を伝える啓蒙活動のことをいいます。

インナーブランディングの目的

インナーブランディングの目的は「理念やMVVを会社全体に浸透することによって、従業員一人ひとりの行動を変え成果を生み出すこと」です。
メッセージ配信や理念の浸透をするだけではなく、従業員の行動が変化し、最終的に売上・利益といった成果になって返ってくるまでが目的になります。

インナーブランディングのメリット

インナーブランディングにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

社内のエンゲージメント向上・ロイヤリティ向上

インナーブランディングを行い、理念やブランドに対して「共感」「愛着」「信頼」を持ってもらうことで、仕事に対する従業員の満足度が高まりエンゲージメント向上や生産性向上を期待することができます。

社外のブランディング向上

なぜインナーブランディングがアウターブランディングに良い影響を与えるのでしょうか?
それは従業員の行動や対応が企業の業績やイメージに大きく影響するからです。従業員は現場で社外の多くの方々と接しており、従業員一人ひとりの行動が社外からのイメージを構築しています。社外向けのアウターブランディングに目を向けがちですが、社外からの評価やイメージを作っているのは現場の従業員であることを忘れてはいけません。

採用への効果

強力な理念やMVV、ブランド価値は多くのファンを生み出し、会社やチームに引き付けられ入社を希望する人が多く現れるでしょう。
また、ファン化した従業員が社内外に会社の魅了を発信することで、求職者に対して正しく自社の価値や魅力が伝わり、リファラル採用につなげることもできます。
その結果採用コストは低下し、理念共感した従業員が増えることで離職率を下げる効果も期待することができます。

ファンベース採用の意義~本質的なリファラル採用とフレームワークSOTSとは~
https://i-myrefer.jp/media/resource/resource_14/
「ファン創造」という採用マーケティング活動とリファラル採用の関係性
https://i-myrefer.jp/media/resource/resource_10/

インナーブランディングのデメリット

コストがかかる

インナーブランディングを行うデメリットのひとつとして「コスト」があげられます。
全社員を巻き込んだ施策になるため対応する従業員の工数や、ツール導入、場合によっては外部のコンサルタント費用といったコストがかかると想定されます。

効果が分かりづらい

インナーブランディングは計画から実施、理念やMVVの浸透までに相当の時間がかかるので、効果が出るまで中長期的な取り組みが必要になります。
また、効果を定量化・可視化することが難しく、その他外部要因の影響も大きいため効果が分かりづらい点がデメリットになります。

インナーブランディングを導入するポイント

インナーブランディングを導入するうえでどんなポイントがあるのでしょうか?
導入に関するステップ毎にポイントを解説していきます。

目的・目標の設定

インナーブランディングを行うことによって、どのような状態や数字を目指すのか、
テーマ設定や数値目標を設定しましょう。「なぜ」インナーブランディングを行うのか明確にし目指すべきゴールを設定していきましょう。

ペルソナの設計・ターゲティング

社内のどういった従業員に対して訴求をしていくのかペルソナの設計・ターゲティングをしましょう。
イノベーターやアーリーアダプターといった柔軟かつ影響力の大きい層から浸透を図りボトムアップしていくのか?上位役職者から落とし込むようなトップダウンで浸透を図るのか?
方針を決めペルソナを設計・ターゲティングをしていきましょう。

訴求内容の決定

想定のペルソナに対してどのようなメッセージを発信していくのか訴求内容を決定していきましょう。
従業員が意義を感じられる内容になっているのか?共感できる内容になっているのか?
目的・目標で定めたテーマや数値目標を達成するために、適格な訴求内容を策定・準備していきましょう。

どういったメッセージであれば従業員(ペルソナの)が共感し行動が変化するのか?
従業員からも意見を聞きつつ作成するようにしましょう。

見せ方(媒体・手法)の決定

ターゲティングと訴求内容が決定したらどのように情報を届けるか検討しましょう。
ターゲットに対してどの媒体を通じて情報を届けるのか?届けるための手段はテキストなのか?画像なのか?動画なのか?相手が情報を受け取る状態を考え理想の状況にできるだけ近づけましょう。

インナーブランディングを実現できるリファラル採用促進ツール(MyRefer)

MyReferではエンゲージメント向上やミスマッチ解消にむけたリファラル採用の支援を行っており、社員の方々が簡単に楽しく自発的に友人紹介ができるよう、制度設計から広報施策の提案、改善施策の提示までクラウドサービスの提供とリファラル採用に対するコンサルティングを行っております。

自社の社員がリファラル採用を通して自社の魅力や理念を語る機会を作ることで、エンゲージメントの向上が期待出来たり、インターナルコミュニケーション(社内広報)の機能を通してインナーブランディングの効果を期待することができます。