ポテンシャル採用とは?メリットや注意点を紹介

更新
RPOサムネ

目次

  • ポテンシャル採用とは?
  • ポテンシャル採用のメリット・デメリット
  • ポテンシャル採用をする際の注意点
  • ポテンシャル採用を成功させるためのコツ
  • まとめ

企業の採用活動にある「ポテンシャル採用」とは、どんな採用方法なのでしょうか?ポテンシャル採用のメリットデメリットや注意点、どういった採用チャネルが有効かご紹介します。

ポテンシャル採用とは?

「ポテンシャル採用」とはスキルや経験ではなく人柄や素養など潜在的な能力を重視した採用方法のことを言います。中途採用のように現在持っているスキルや能力、経験などを重視し、即戦力として採用するのではなく、数年後の活躍やカルチャーフィットを見込み企業は採用活動を行います。

近年、少子高齢化が進み新卒学生の数が減少するなど、労働人口の減少が顕著になる中、企業が求人を出しても思うように応募が集まらない状態になってきています。そこで、若手の人材を中心に、経験や専門知識の有無に関わらず伸びしろのある優秀な若手の人材を獲得し、入社後に能力の開発を行うポテンシャル採用を重視する企業が増えています。

ポテンシャル採用のメリット・デメリット

企業規模を問わず、ポテンシャル採用を導入する企業が増えていますが、ポテンシャル採用にはどんなメリットとデメリットがあるでしょうか?

ポテンシャル採用のメリット

中途の即戦力人材と比べると前職の企業に染まりきっておらず、「自分の目指すキャリアプランに合う会社で働きたい」「成長環境でスキルを磨きたい」といった主体的に考えて動ける若手人材は、自社のビジネスモデルやサービス、カルチャーに柔軟に溶け込み、新卒と同様大きく成長できる可能性があります。

また、新卒採用と比べ育成コストがかからないので、コストをかけずに優秀な活躍人材を確保することができます。

ポテンシャル採用のデメリット

新卒社員と比べると一定のビジネススキルが備わっている可能性はありますが、中途の即戦力人材と比べると育成要素も強く社内体制の強化をする必要があり、教育やオンボーディングに大きな工数とコストがかかることがあります。

また、ポテンシャル採用の対象となる20代の若手は比較的短い期間で前職から転職をしており、自社で採用できたとしても短期間で離職してしまう可能性があります。

ポテンシャル採用をする際の注意点

ポテンシャル採用を行う上で、以下のような点に注意しましょう。

企業が期待する「ポテンシャル」を明確にする

潜在的な能力に期待すると言っても、将来どんな能力を発揮できる人物が欲しいのか、どんな人間性の人物がいいのか、着目するポテンシャルを明確にしなければなりません。

求めるポテンシャルが曖昧なまま採用を進めると、採用基準がブレてしまい、その採用活動を成功させることは難しくなります。求める能力や人物像、価値観などを明確にしてから採用活動を進めましょう。

キャリアパスを把握する

ポテンシャル採用では、その人がどんなキャリアパスを希望しているのか、選考段階でヒアリングすることも大切です。また企業側は、何年後にどのようなスキルを身につけて、どのような仕事をこなしてほしいか、期待するビジョンを提示しましょう。

求職者と企業側の双方が、入社後に描いているキャリアパスをお互いに共有することで、将来のプランのミスマッチを防ぐことができます。

社内教育の体制を整える

ポテンシャル採用では、新卒社員ほどの教育は必要ありませんが、それでもその人材を育てるサポート体制が必要です。潜在的な能力がある人を確保できても、その人が持つ能力を伸ばして育てられなければ、意味はありません。

社員の教育には、人員や時間が必要になりますが、それらの体制を整えた上でポテンシャル採用を導入しましょう。

ポテンシャル採用を成功させるためのコツ

ポテンシャル採用で失敗せず、期待通りの優秀な人材を獲得するためには、次のようなポイントを抑えましょう。

企業理念やカルチャーにマッチした人材を採用する

多少スキルが低くともカルチャーマッチしていると、企業と本人の目指すべき方向が一緒であり、ストレッチな目標や作業に対しても前向きに取り組むことができ、成長を繰り返すことで、結果的にスキルがある候補者よりも活躍できることがあります。

スキルはあるがカルチャーマッチしていない人材は、周囲との性格特性や価値観が異なるため、前提となる行動原理が理解出来ず成果が出しにくくなるため、なかなか活躍ができません。また、最悪の場合は他社員のモチベーション低下に繋がり、早期退職を招くこともあります。

採用広報を通じて自社の採用したい人物像を発信する

企業理念やカルチャーにマッチした人材を採用するには、企業の風土や働き方など、なかなか伝わりづらい現場の「生の声」や会社が大切にしているカルチャーやビジョンを届けることが重要です。

採用広報を通じて自社のありのままの姿を共感・理解をしてもらうことで、カルチャーマッチした人材が自然と集まり、採用候補者と透明性の高い関係性構築をすることで入社後の定着と活躍を期待することができます。

採用広報の重要性 施策の決定やポイントを解説

「ファン創造」という採用マーケティング活動とリファラル採用の関係性
無料ダウンロードはこちら

リファラル採用

数ある採用チャネルのなかでもリファラル採用は、自社の活躍社員が自社の本当の価値を外部に広報活動し応募を獲得でき、本質的なマッチングが期待できるので、ポテンシャル採用において活躍人材を集めるためにも是非チャレンジすることをお勧めします。

リファラル採用のメリットデメリットとは?

リファラル採用とは?
無料ダウンロードはこちら

まとめ

労働人口が減少の一途をたどる中、優秀な人材を確保することは、企業にとってますます難しい課題となっています。即戦力の中途採用は難易度が高くかつ媒体費用やエージェントへのマージンなど採用コストが高額になります。
今回ご紹介したポテンシャル採用やその他の採用手法を活用して中長期的に採用コストを抑えられるようにしていきましょう。

MyReferではリファラル採用の支援を行っており、社員の方々が簡単に楽しく自発的に友人紹介ができるよう、制度設計から広報施策の提案、改善施策の提示まで、クラウドサービスの提供とリファラル採用に対するコンサルティングを行っております。
中長期的な採用コスト削減に向けて是非弊社サービスを活用頂けますと幸いです。