求人で注目されているリファラル採用とは?メリット・デメリット

  更新

求人で注目されているリファラル採用とは?メリット・デメリット

人材の確保が企業の課題になっている昨今、新たな求人方法として注目を集めている方法が「リファラル採用」です。今回は、リファラル採用の特徴やメリット・デメリット、そして実際にリファラル採用を円滑に導入するための方法を紹介します。

リファラル採用とは?

リファラル採用の特徴と、日本企業で広がり始めている理由について紹介します。

リファラル採用とはどのような手法か

リファラル(referral)とは「推薦・紹介する」という意味で、リファラル採用とは社員に人材を紹介してもらう採用方法のことです。企業をよく理解した社員の紹介であるため、より企業に適した人材を募集できるようになります。欧米では社員採用で重要な役割を果たしており、日本でも広まりつつある方法です。

リファラル採用が広がっている理由

日本でリファラル採用が注目されるようになってきた理由として、主に2つの理由が挙げられます。1つ目に、売り手市場による人材不足が大きな要因です。内閣府の調査によると今後も生産年齢人口は減少していく予測であり、人材の確保はますます困難になっていきます。2つ目は、適性や希望の不一致です。それにより、早期退職や生産性低下の問題が発生しています。実は現在でも日本国内の知人による紹介自体は多く、中核人材の採用数全体の約25%を占めています。人材エージェントや求人広告などの外部データを使わない、『信頼できる社員からの紹介による採用手法」であるがゆえ、自社の採用競合とカニバリせずに、優秀な人材を、低予算でスピーディに採用ができる手法として注目を集めています。また、所属している企業の魅力を友人に語ることが、社員のエンゲージメントを高めることに相関するのではという期待も込めて運用を開始される企業が増加しています。

参考:1 高齢化の現状と将来像|平成30年版高齢社会白書(全体版) – 内閣府

参考:2015年版 中小企業白書 – 中小企業庁

参考:マッチング指標を用いたマッチング状況の分析 – 労働市場分析レポート 厚生労働省

リファラル採用のメリット

リファラル採用のメリット

リファラル採用が持つ主なメリットについて紹介します。

1.人材のマッチングとエンゲージメント向上

リファラル採用の第一のメリットは、企業に適した人材を集められることです。現場社員の紹介による採用手法のため、マッチングの精度が高く、応募から採用決定する確率が高いと言えます。また、入社時点から仲間がいる安心感を醸成でき、その仲間から会社の魅力や風土、社風、業務内容の説明を受けているため、理想と現実のギャップが起きにくいでしょう。会社に対して愛着を持ちやすい人材を集めることが可能になると、組織風土や退職率、従業員エンゲージメント向上に寄与していきます。

2.採用コストの削減

求人誌や求人サイトといった求人メディアや、転職エージェントを介さずに人材を募集できるため、採用コストを大幅に抑えることができます。また自社で開催する求人セミナーや、面接の日程調整などにかかる人事の工数コストも削減することができます。

3.転職潜在層(転職市場に出てこない人材)を採用できる

転職サービスに登録していない、他社に勤務する友人に声掛けができるため、効率よく潜在層にアプローチでき、優秀層を単願でクロージングすることが可能です。また、大学や専門学校の同窓生など、社員と同じ専門的な知識や関心を持った人材を集めやすいというメリットもあります。

リファラル採用のデメリット

リファラル採用には注意が必要なデメリットもあります。

1.人間関係と人材配置に配慮が必要

リファラル採用は社員による紹介であるため、紹介した社員・紹介された応募者などの人間関係に配慮が必要です。不採用だった場合の気まずさだったり、知人同士がグループ化してしまったり、紹介者の退職にともない紹介された側も退職を検討してしまったりといった弊害にも注意が必要です。そのため、リファラル採用の導入時は、採用の進め方や、採用後の人員配置を適切に行う必要があります。

2.社員の理解と認知が必要

リファラル採用は社員がメインになって活動する方法です。そのため、企業がどのような人材やスキルを求めているのか社員が正確に理解していない場合、ミスマッチが起こり、採用人事側に余計な手間をかけてしまう恐れもあります。そのため、企業の募集状況については日ごろから社員へ周知を行い、情報をアップデートし続ける必要があります。

3.情報が可視化しにくい

社員が友人紹介にどれだけ貢献したのか、どの部署が協力的であるのか、最もパフォーマンスを発揮できる人材を紹介したのはどんな社員なのか、リファラル採用に社員報酬を与える場合、どのタイミングで誰に与えるよう管理すればいいのか、リファラル採用状況を企業が可視化しなければなりません。部署ごと、従業員ごとの課題や促進すべきポイントを明らかにしてPDCAを回して初めて、再現性を持たせることができ自社採用力を高めたと言えるでしょう。

リファラル採用を円滑に行う方法

リファラル採用を円滑に行う方法

リファラル採用のデメリットを避け、円滑に人材を集めるためには制度作りと、それを支えるツールの活用が重要です。

採用の仕組みづくりが重要

リファラル採用を円滑に浸透させるには、社員が負担に感じずに紹介できるようにすることが重要です。紹介方法や採用までのプロセスが複雑なものだと、社員の負担がかかり紹介が困難になります。さらに紹介を受ける側の意欲も下がり応募まで至らない、人事の対応もその都度に場当たり的になり効率化できない、といった問題が発生する可能性があります。そのため、社員へ経営ビジョンや求める人材を明確に伝え、紹介する側・される側の両方が分かりやすい採用制度を整えることが必要です。具体的には、採用条件や応募方法などの情報を簡単に確認できるようにしたり、社員の紹介活動や採用状況を明確に確認できるようにしたりといった、仕組みづくりを重視しましょう。しかし、こうした仕組み・制度を一から設計するのは困難です。そこで、リファラル採用のために開発された専用ツールに注目してみましょう。

専用ツールの導入が近道

日本でリファラル採用の需要が高まっていることから、リファラル採用専用のツールも登場しています。主流派クラウド型のサービスであり、スマートフォンなどモバイル端末から情報にアクセスできるため、簡単に紹介することができます。さらにツール上でリアルタイムにデータ分析を行うことができるため、応募状況や社員の採用貢献を正確に可視化することも可能です。リファラル採用のツール・サービスの提供企業は、プラットフォームの提供だけではなく、制度の設計などのコンサルティングも行っているため、導入も安心です。リファラル採用を導入するときは、まず専用ツールの導入を検討しましょう。

リファラル採用で優秀な人材を集めましょう

リファラル採用は、従来の求人に比べ、低コストかつ効率的に企業の風土に合った人材を集められることがメリットです。そして専用ツールを導入すれば、さらに効率的にリファラル採用を根付かせることができます。リファラル採用で積極的に優秀な人材を集め、貴社の業績をアップさせていきましょう。