「ファン創造」という採用マーケティング活動とリファラル採用の関係性

更新
「ファン創造」という採用マーケティング活動とリファラル採用の関係性

『リクルートメントマーケティング』や『採用マーケティング』が人事・経営者間でホットワードになってきております。
ミレニアル世代やZ世代と呼ばれるデジタルネイティブが社会に参入し、採用市場でも情報の消費量よりも流通量のほうが過多になり、企業は従来のような採用手法では足に人材を獲得することができなくなっているためです。
企業に今求められる事は、採用ターゲット(潜在層含む)に対し、自社の情報を認知させ、理解を深め、興味喚起し、ファンになるまでの関係性を育むことです。
そこで今回は

  • 組織と個人の関係性が変わり、どうやって自社を採用ターゲットにブランディングしていけばいいか打ち手に悩んでいる
  • 採用マーケティングと言っても、何から始めていいのかわからない
  • 採用広報や、インターナルブランディングの目標設定方法がわからない
  • 採用広報施策の成果指標が測れず、PDCAが回りにくい

このようなお悩みをお持ちの採用マーケティングを本気で取り組みたい企業様が、採用マーケティングやブランディング活動においてリファラル採用のメソッドを取り入れていただくことで活路を見出していただくための資料を用意しました。

採用候補者を取り巻く環境の変化

個人と企業(組織)との関係性は変化してきています。
情報の消費量に対して流通量が過剰に増大し、採用候補者にとって表面的なハード情報よりも、よりリアルで生々しい情報に価値が置かれています。
リアルで生々しい情報を保有している社員や元社員に対してのコミュニケーションを意識し、ポジティブな情報発信をしてもらう事が必要になっているのです。

採用マーケティングとは 成功させるためのポイントとは

採用マーケティングは、ターゲットである候補者を獲得するためのアプローチ方法という見方もありますが、それだけでなく入社後に活躍してもらうために最適な人材配置をどう考えるべきか、即戦力の退職者や、転職 後スキルアップした元社員にどうやって自社に戻ってきてもらうのか(アルムナイ採用)
など、採用前から退社後に至るまで「社員候補」「社員」「元社員」と友好な関係を保ち続けることだと考えています。社内外の自社のことを好きになってくれる「ファン」を創造していくことがカギになっています。

社内広報、採用広報の成果向上のために

社員・元社員のファン創造活動には社内広報が不可欠です。しかしながら社内広報のKPI設定、KGI設定に悩む人事、広報担当者も少なくありません。
社内広報施策のKPIやKGIをどのように設計し、計測していけばいいのかリファラル採用との関係性を説きながら、メソッドを本資料で紹介していきます。

読むとわかること

  • 採用マーケティングの構造と成功ポイント
  • 社内、採用広報の重要性と、KGIの設定ヒント
  • リファラル採用によって実現するファンの創造とブランディング
資料ダウンロード