リファラル採用の成功事例集『教育・保育編』

更新

これまで、中途、新卒、アルバイトの各採用領域と様々な業種企業様において、なぜリファラル採用なのかから、その課題、運用事例、成果内容まで、取り組み内容を紹介いたしました。

今回は特集号としまして、これまでご紹介した中から教育・保育領域でリファラル採用に取り組んでいる企業様の事例集を作成いたしました。加えて新たな企業様の事例も追加させていただいております。
掲載している内容の一部を本記事でご紹介いたします。

リファラル採用の成功事例集『教育・保育編』の内容

  • #0001 滋慶学園グループ ~ 学生が自分のストーリーで自社を語る内定者エンゲージメント
  • #0002 株式会社スクルドアンドカンパニー ~ 人材難の保育業界で「質の高い保育」を実現する
  • #0003 株式会社MAXISエデュケーション ~ スタッフの熱量を高めてリファラル採用を促進!
  • #0004 株式会社トットメイト ~ 女性の活躍を応援する保育業界

リファラル採用の成功事例①:滋慶学園グループ様

滋慶学園グループ_ロゴ
滋慶学園グループ
人事事業部 藤原 あずさ 氏
人事事業部 佐川 佑人 氏
従業員数: グループ合計 5,700名(2018年4月現在)
事業概要:

専門学校、高等専修学校など、全国75校の教育機関を運営

新卒領域におけるリファラル採用の事例について、専門学校、高等専修学校など、全国75校の教育機関を運営する滋慶学園グループ様の事例をご紹介

リファラル採用に取り組もうとした理由とは?

長年採用に関わってきましたが、2016年に産休から復職したタイミングでダイレクトリクルーティングなどの
新たな採用手法が出てきており、採用市場に大きな変化が生じていると感じたことがきっかけでした。
人口も減少し有効求人倍率も高まっている中で「自分たちの力で採用が出来る状態に変えていかなければ」
と直感的に感じました。そこで注目したのがリファラル採用です。
もともと医療系の先生などの専門職では社員からの紹介で採用をすることが自然に起きており、
入社後は自社に対する共感値も高く、すぐに現場にフィットして活躍してくれる傾向があると感じていました。
まずは新卒採用でリファラル採用に注力し、自社の“想い”に共感する人材の採用を強化していこうと決めました。

リファラル採用を成功させるための工夫

内定者に対して「後輩で興味持ちそうな人を紹介してね」という依頼をするだけでは協力は得られないと思っていたので協力したいと思ってもらえるような仕組みをちゃんと整える必要がありました。
検討した結果、チームで協力しながらリファラル採用に取り組んでもらうのが良いと考えました。自社の良さが何かを考え、それを後輩に伝わりやすい形にしようとチーム毎に工夫を加えはじめました。
リファラル採用に取り組んでもらうことで、自社理解が深まる効果はあるとは思っていましたが
その予想を超えるようなレベルで内定者が自社への理解やエンゲージメントを高め、自社のことを好きになってくれたことが実感できました。

自社に対する共感値の高い人材の採用に成功

21名の内定者に協力してもらった結果としてインターンシップや説明会に51名の後輩学生を呼び込んでもらうことが出来ました。そこから実際の選考を受けてもらえたのは16名で、内定出しまで進んだのは7名とかなり高い内定率でした。また、良かった点が2つあります。

#価値観の共感度合いが高い人材が多い
内定者が自分なりの言葉でリアルに語って呼び込んでくれた後輩学生は、自然と滋慶学園グループに対する理解が深く、共感度合いが高いのが特徴でした。

#従来の採用媒体では出会えない学生が来てくれた
教育事業なので教育学部の学生や文系の学生からの応募が多いのですが、リファラル経由では、
理系で研究職を考えていたような学生だったり、教育に興味が無かったような学生だったり
通常は応募が来ない層からの応募がありました。内定者からの話を聞いて、教育事業という部分ではなく
会社のスタンスや想いという部分に興味を持ってくれたからこそ得られた応募だと思います。

リファラル採用の成功事例②:株式会社スクルドアンドカンパニー様

株式会社スクルドアンドカンパニーロゴ
株式会社スクルドアンドカンパニー
社長室 室長 兼 人事部 採用ユニット長 多田友樹 氏
人事部 採用ユニット 西尾 雅輝 氏
従業員数: 650名
(本部スタッフ35名、保育スタッフ559名、管理栄養士・栄養士・調理師56名)
事業概要:

認可保育事業/病院内事業所内保育事業 等

全国に約70の保育園を展開、年間10程度の新規開園も進めながらビジネスを拡大している、スクルドアンドカンパニー様の事例をご紹介

保育士として働いていない6割の転職潜在層にアプローチ

保育業界は人材紹介に頼らないと人材を確保できない業界のため、平均的な採用単価は60~100万円と高くなっています。当社の場合は、求人サイトでもしっかりと仕事の魅力を伝えることで、採用単価をおよそ半分にまで抑えられるようになりましたが、より研修・育成に力を入れるためにも採用コストを下げていく必要があります。
また、保育士の有資格者は全国で約119万人いますが、勤務者数は約43万人となっています。つまり、有資格者として働いているのは4割にすぎず、その中でも転職活動をしている人はごく一部です。
そこで、業界的に保育士が不足するなか、資格を持っているけれど保育士として働いていない6割の転職潜在層へアプローチするためにも、リファラル採用が有効だと考えています。

社員のエンゲージメントを高め、リファラル採用を定着させたい

リファラル採用を実施していくためには、「きっかけ、周知、継続、運用」が重要だと思っています。我々の最終目標はリファラル採用の定着なので、これを実現するためにMyReferを導入しました。
全社プロジェクトとして始めるきっかけにもなりますし、MyReferの社内報や求人機能で本社から社員一人ひとりへ周知ができます。たくさんの保育園で継続・運用していくためにも、紹介活動の見える化や応募者管理など運用側がマネジメントしやすい機能が多数あるので、積極的に活用していきたいですね。

MyReferで、みんなが働きたいと思う職場を作っていきたい

自分が一緒に働きたいと思う人を紹介したくなる「理想の職場」になるために、当社はまだまだ制度も環境も変えていくべき部分がたくさんあります。会社は今いる人の集合体なので、現場や本部など立場を問わずに、社員みんなで当事者意識を持って変えていかなければならないと思っています。みんなが働きたいと思う環境を一緒に作っていきたいんです。
MyReferを活用しながらそれを実現し、一人でも多くの社員に「保育士の仕事っていいな」と自分の仕事に誇りを持ってもらえるようにしていきたいですね。

リファラル採用の成功事例③:MAXISエデュケーション様

株式会社MAXISエデュケーションロゴ
株式会社MAXISエデュケーション
代表取締役社長 山中 雅貴 氏
人事部課長 本間 昂大 氏
従業員数: 1,756名(パートアルバイト1,596名を含む)※2020年6月15日時点
事業概要:

「個別指導の明光義塾」の運営(94教室)、
「早稲田アカデミー個別進学館」の運営(5校舎)

個別指導の明光義塾のトップフランチャイジーとして約100教室(校舎)を展開、教育を変え未来を変えるMAXISエデュケーション様の事例をご紹介

人物像の見極めが困難と感じていたところ、コロナ禍で熱意も伝わらなくなった

当社が求める人物とは、当社が掲げる「MAXISの教育で世界を熱くする」というビジョンに共感していただくことを大前提として、その上で教育と真摯に向き合い、自ら行動を起こせる方のことです。しかし、そういった方を採用するにあたり、応募者の人物像がなかなか捉えきれないということがありました。履歴書をいただいたり、テストを受けてもらったりはしていたのですが、最終的には現場に入らないことには本当のところは見えてこないですよね。
さらに2020年はコロナ禍となり、社員採用面接のオンライン化だけでなく、アルバイト講師の入社時研修もオンラインに切り替えたことにより、(社員採用の)最終面接だけは対面で会うようにしていたのですが、当社の熱意が伝わっていないと感じることは度々あり、ミスマッチの発生も起こっていました。

社員の帰属意識を高めながら、信頼できる人物の採用につなげる

リファラル採用を導入した背景に、スタッフから熱意を伝えてミスマッチをなくしながら、信頼できる方を採用したいという想いがありました。教育は直に子どもたちと接する仕事です。ほんの些細な言動が大きな影響を与えることは少なくありません。万が一、トップフランチャイジーである当社が信頼を失うようなことすれば、他のFCや本部にも多大な迷惑をかけてしまいます。そうした事態は避けなければなりません。リファラル採用を取り入れることで、信頼できるスタッフから信頼できる方を紹介してもらう流れを作ることができたらと考えました。

MyReferを使って、活躍する講師の「熱量」を伝播する

リファラル採用の浸透のため、取り組んでいることの中に、熱量の高いスタッフの想いや取り組みを伝播していくことがあります。MyReferを使えば、熱量の高いスタッフを探し出して表舞台に立ってもらうことができるので、社内ニュース機能でインタビューを流してどんどん伝えていきたいと考えています。今後は、明光義塾以外のブランドも含め、約100教室(校舎)すべてでリファラル採用を当たり前のように行っている状態にしたいと考えています。MyReferを通じてのリファラル採用は、講師の方たちにとっても大きなプラスになるからです。自分の仕事に誇りが持てるようになりますし、成功事例を共有することは一人ひとりのスキルアップにもつながるでしょう。MAXISの力は、一人ひとりの力の集合です。これからは生徒向けのイベントも積極的に行える体制を築き、うまくいった例はその都度共有していきます。

リファラル採用の成功事例④:株式会社トットメイト様

株式会社トットメイトロゴ
株式会社トットメイト
代表取締役 堺沢 玲子 氏
従業員数: 1445名(内 社員309名)
事業概要:

企業・病院内保育所運営、商業施設内保育ルーム運営、保育士・幼稚園教諭派遣、
認可保育園運営、コンサルティング、ベビーシッティング

一人ひとりに寄り添った子育てサービスでお子様と保護者の笑顔に寄り添い、子育て支援を通じて地域社会に貢献する、トットメイト様の事例をご紹介

離職率を12%に改善し、働きやすい職場づくりを

ここ10年近く人手不足が深刻な課題になっています。お客様に喜ばれるサービスを提供する機会に恵まれながらも、その実の会社の体制が追いついていない部分がありました。5年前には離職率がとても高くなってしまって、仕事もたくさんあるのに人が足りず、どんどん社員もパートさんも疲弊してしまい……。
そこから経営改革として、給料や残業制度など働きやすい環境の整備や、本部と現場をつなぐ面談制度、従業員満足度向上などいろいろな取り組みをして、ようやく離職率25%から12%まで下がったのです。ただし、これからも保育需要が高まり続けて新しい仲間が必要になっていくので、ミスマッチの少ない質の高い採用をしていきたい。さらに採用単価を下げて、その部分を従業員たちに還元していきたいと思い、リファラル採用を強化することにしました。

「笑顔で優しい人」が保育の質を高める。安心感のある仲間の紹介を

保育の仕事は、子どもの前に立って、子どもに声をかけて、子どもと一緒に遊んで、子どもの命を守って、子どものさまざまな生活の支援をしていくこと。そういう仕事なので、「笑顔で優しい」人に仲間になってほしい。この人に子どもを預けたいなと思えない人は採用できません。
「保育計画を立てることが苦手」、「ピアノを弾くのが苦手」といったことは補う方法があるのですが、笑顔や優しさはやっぱり補う方法がないんですよ。そこが一番現場のスタッフにとって大切だと思っています。私たちの現場のスタッフは1人1人が誇りを持って保育の仕事をしているので、質の高い保育を提供でき、かつ、信頼できる人を紹介してもらえると期待しています。

450名の採用と単価削減。1人1人の社員と質の高い保育を作っていく

今後の展望としては、来期に向けて新たに19園のオープンを目標としており、450名の採用と採用単価の半減を目指しています。採用単価が低く、ミスマッチの少ないリファラル採用を通じて、組織全体でプラスの方向につなげていきたいと思っています。
リファラル採用はスタッフ1人1人が自分の働いている職場に誇りを持って、大切な人を紹介していただく制度だと思います。私たちが取り組むべき働きやすい環境や仕組みづくりもありますが、経営の力だけでは限界があります。やはりこれからの会社は、1人1人のスタッフと共に作っていかなければいけないと思っています。そんなことがこのリファラル採用の仕組みを通じて、さらに前に進むことを願っています。

資料ダウンロード