リファラル採用の報酬(インセンティブ)を設計するうえでの3つのポイント

  更新

リファラル採用の報酬(インセンティブ)を設計するうえでの3つのポイント

リファラル採用の推進するうえで報酬(インセンティブ)について悩まれている企業様は多いのではないでしょうか。

  • 「そもそも、紹介報酬(インセンティブ)制度は実施したほうがいいのか?」
  • 「実施する場合どのような点に注意すればいいか?」

このようなご質問を当社にお問い合わせいただくケースも多々あります。Q&Aサイトでも同様の質問や回答が多く散見されます。
しかしながら、リファラル採用の報酬(インセンティブ)を検討するうえで、意義から方法論まで体系的にまとまった情報は実はあるようでありません。

そこで今回は、

  • これからリファラル採用の制度を設計するうえで、紹介報酬(インセンティブ)制度を検討したい
  • そもそも紹介報酬(インセンティブ)制度は社員のモチベーションアップに寄与するのか知りたい
  • 紹介報酬(インセンティブ)制度の法的課題と回避方法を学びたい

と悩んでいる経営者様、人事責任者・担当者様がリファラル採用の構造を理解し、ゼロから簡単に紹介報酬制度の設計を行えるようにするための情報をお伝えいたします。

そもそも、紹介報酬(インセンティブ)制度はやったほうがいいの?

インセンティブにどのような意味を持たせるかによりますが、結論としてはあったほうが良いです。そもそも、紹介報酬(インセンティブ)制度の導入はリファラル採用の動機付け施策の一つであり、社員に積極的に紹介してもらうための取り組みです。
リファラル採用において、紹介を促す動機付けの施策としては以下が挙げられます。

  • ① ミッション(研修の一環としてリファラル採用を実施させる)
  • ② インセンティブ(紹介決定した場合、会食費・インセンティブを贈呈)
  • ③ ロイヤルティ(会社のビジョンから落とし、全社員採用をやる意義を説く)
  • ④ 面白さ・ゲーム性(ゲーミフィケーションの要素を取り入れる)
  • ⑤ 承認欲求(選ばれた人間のみのリクルーター制度など)

中でも②のインセンティブは、その他施策と比較して即効性が高く、比較的容易に検討が可能な取り組みです。

一方で、制度を導入したからと言って、全社員を動かせるわけではありません。制度のみで行動喚起される層は全体の1割、大半の層は報酬制度に加えて‟その他理由“で受動的に動きます。

紹介報酬(インセンティブ)制度の意義

実は、社員紹介の動機ランキングの上位は報酬ではなく、『ホスピタリティ』や『当事者意識』です。これはリファラル採用が前進している米国においても同様の調査結果が出ています。

前者は、「友人のためになりたい」という利他意識であり、後者はロイヤルティやミッションなどで「自社採用を自分事化したい、自社でともに働く人材の選択に自分も関わりたい」という当事者意識です。
ですので、社員をお金で強制的に動かすトリガーとして制度を設計しても、1割の社員にしか効果を発揮せず、上手くいきません。

強制的かつ短期的にインセンティブで紹介促進するのではなく、紹介(採用に貢献)した社員を称賛するきっかけとして、当事者意識を持ってもらうための柔軟な設計とコミュニケーションが重要です。

紹介報酬(インセンティブ)の設計事例

リファラル採用の報酬(インセンティブ)は社員へのコミュニケーションを意識しながら柔軟な設計をする必要があります。紹介活動としての費用、組織貢献としての費用、入社後のフォローとしての費用など、捉え方によりインセンティブの定義は変わりますが、具体例としては下記のような種別があります。

◆インセンティブの設計事例

  • 友人に紹介を行う際の会食費を上限●円まで支給する
  • 応募後の面談実施後に●円のインセンティブを支給する
  • 入社時にor入社後●ヶ月後に●円のインセンティブを支給する
  • 入社後●か月間は毎月●円のインセンティブを支給する
  • 内定後にフォローを含めた友人との会食費を上限●円まで支給する
  • 入社者にお祝い金として●円を入社●ヶ月後に支給する
  • 年間で応募数を最も多く獲得した社員にインセンティブ●円を支給する

【実践】リファラル採用の報酬(インセンティブ)を設計するうえでの3つのポイント 完全ガイドブック

ここまででリファラル採用における報酬(インセンティブ)の意義をご説明いたしました。
ここから先は実践編ということで、上記内容の詳細含め、インセンティブ制度設計で気を付ける3つのポイントをホワイトペーパーとして公開いたします。

また、実践編では実際に業界毎にいくらのインセンティブをどのように実践しているか?という各社の事例も具体的施策とともに公開しております。

【読めばわかること】

  • ・リファラル採用における報酬制度設計の意義
  • ・報酬制度を設計するうえでの留意点

【概要理解編】社員紹介報酬(インセンティブ)制度の意義

  • Chapter1 国内のインセンティブ付与状況と動機付け施策
  • Chapter2 インセンティブで積極的に動く社員、動かない社員

【実践編】社員紹介報酬(インセンティブ)制度の設計方法

  • Chapter1 インセンティブ制度設計で気を付ける3つのポイント
  • Chapter2 インセンティブ制度設計 各社事例

当社では、3年間で2000社以上のリファラルコンサル実績をもとに、企業様の課題や社員特性に合わせた独自のリファラル採用制度設計、インセンティブ設計をコンサルティングさせていただいております。
どのように始めればいいかわからない、インセンティブを実施しているものの促進されない、など、企業様独自のお悩みがございましたら気軽にお問合せくださいませ。

資料ダウンロード