リファラル採用の導入を促進することにおける経営効果

更新
リファラル採用の導入を促進することにおける経営効果

なぜ組織(従業員)エンゲージメントは経営において重視されるようになったのでしょうか。
また、組織エンゲージメントはどのようにして社員のパフォーマンスや帰属意識と関連していくのでしょうか。
今回は、リファラル採用という文脈において、いかにエンゲージメント要素と相関関係があるのか、どのようにして経営効果が得られるのかをMyReferから見える景色を明文化させていただきました。

  • 優秀な社員の離職を減らし、活躍する機会を提供したい
  • 現場社員の生産性、帰属意識やエンゲージメントを向上させたい
  • 優秀な人材を獲得したい

と悩んでいる経営者様、部門責任者・人事部門の皆様が、組織エンゲージメントの重要性について認識いただき、リファラル採用とエンゲージメント向上の相関関係を知っていただくための教科書です。

組織エンゲージメントに関心が集まっている背景

まず、リファラル採用がもたらす経営効果をお伝えする前に、前提としてなぜ経営が組織エンゲージメントを重視するのでしょうか。

労働市場の変化

一つが労働市場の変化です。
少子高齢化による労働力の減少や労働基準法の見直し、ミレニアル世代の社会進出により社員と会社の関係性のあり方が変わってきています。

採用市場の変化

二つ目は採用市場の変化です。
労働人口の減少にともない、有効求人倍率は上昇しています。有効求人倍率の上昇によって、候補者が企業を選べる時代になっています。そのため企業の採用難易度や採用単価も上がっているのです。
労働人口が減少する中、企業は優秀な社員を獲得しつつ活躍する機会を提供し、現場の生産性を高めていくことがカギになり、そのためにも組織のエンゲージメント向上に関心が高まっております。

エンゲージメントの重要性については改善方法も含めて下記ページにも記載しておりますので、あわせてご確認ください。

リファラル採用と従業員エンゲージメントの相関関係とは?

リファラル採用と従業員エンゲージメントには向上させるためのきっかけとなる関係と、エンゲージメントの課題分析をするための素材となる関係性があると考えます。

リファラル採用を通して、なぜ自社の社員は知人や友人に自社をおすすめしないのか?何があればおすすめしたいと思ってくれるのか?実際に友人に対しておすすめした自社の強みやポイントはどのようなものがあるか分析していくことで自社の従業員のエンゲージメントを高めるための動機や体験はどんなものが必要か考えるきっかけとなっていきます。
また、リファラル採用に取り組む過程で経営からメッセージを受け取って、会社の状況やビジョン、理念を浸透するきっかけになる、当事者意識が醸成される、気心知れる仲間が職場に増えるなど、エンゲージメント向上を促す機会を創ることが可能になります。

リファラル採用がもたらす経営効果とは?

リファラル採用は単なる応募者を集めるための採用手法ではなく、現場社員の「帰属意識」や「生産性向上」を実現するための施策となりうる可能性が高いです。
求職者の母集団形成においては、現場や人の魅力で知人が集まってきて、応募獲得コストがどんどん下がっていくことだけでなく、例えば面接キャンセルや選考辞退によって1名の採用決定までに発生している面接官や現場のオペレーションコストが大幅に削減できる、ミスマッチの低さゆえに離職コストが発生しにくい、既に知っている仲間がいて、共通のコミュニティがわかっていることで現場の一体感を醸成しやすい、企業への帰属意識が自然と高くなるなどの効果が出てきます。

ダウンロードできる資料の内容

ホワイトペーパーではリファラル採用とエンゲージメントの関係性や経営効果について、より詳細な部分までご説明いたします。

表紙
内容サンプル

【読めばわかること】

  • ・組織(従業員)エンゲージメントの重要性
  • ・リファラル採用の導入がもたらす経営効果

【目次】

  • Chapter1 組織エンゲージメントの重要性
  • Chapter2 リファラル採用とエンゲージメントの関係性
  • Chapter3 MyReferが向上させる組織エンゲージメント
資料ダウンロード