【タレントプール運用マニュアル】”0”から簡単に理解できるタレントプール運用の教科書

更新

近年注目されている「タレントプール」を活用した採用。
MyReferでは、タレントプールを”0″から理解したい方向けに運用マニュアルを作成しました。
すぐに活用できる内容となっておりますので、タレントプールに初めて取り組む方も、タレントプール運用を今よりも成功させたい方にもオススメの資料となっております。
ぜひ貴社の採用活動にご活用下さい。

※本記事では、レポートの一部を抜粋して取り上げています。
 全文は下記「資料ダウンロード」より無料でダウンロードすることが可能ですので、ぜひご覧ください。

こんな方にオススメ!

  • なぜタレントプール採用が注目されているか知りたい
  • タレントプール採用を実行することのメリットを知りたい
  • タレントプール採用の運用方法や流れを知りたい

読むと分かること

  • タレントプール採用の必要性とメリット
  • タレントプール採用の運用方法やメソッド

現代の日本の状況

中途採用に苦戦している企業は全体の8割も

2021年度下期の中途採用充足状況を見てみると、「中途採用の状況が未充足である」と答えた企業は全体のおよそ8割も存在しました。上記のグラフから、中途採用に苦戦している企業が多く存在していることが読み取れます。

採用が難しい一方、各企業は前年対比で同等もしくは増加の採用計画を立てている

また、2022年の中途採用動向を見てみると、各社前年対比で同様の採用計画を行う企業は全体の5割、前年よりも採用目標を多く掲げている企業は25%もいることがわかりました。2022年以降は、コロナ前の採用計画に徐々に戻していく企業が多く、今後は採用目標数が増加する企業が多くなるといえるでしょう。

労働人口の減少・求人倍率の上昇

今後日本は出生率の低下などから長期の人口減少過程に入っており、労働人口が継続的に減少すると推定されております。そんな中企業の採用数は上記の通り増加傾向であり、求人倍率が上昇していくと考えられています。

転職潜在層へのアプローチが重要

人員を確保しようと、人材不足に陥っている多数の企業が転職顕在層を取り合う状況になっており、採用競合が多い中で各社が人材を取り合わなければいけなくなるので、転職市場はレッドオーシャンであるといえるでしょう。
そこで、採用目標を充足するためには、転職市場に出回っている人材のみにアプローチするのではなく、転職潜在層へ効果的にアプローチすることが必要になってきているのです。

一度接点を持った候補者へのアプローチについて

一度お会いしたことがあっても、転職タイミングが合わなかったり、採用競合に競り負けて自社へ入社してもらえなかったりと、過去の採用候補者は数多くいらっしゃるのではないでしょうか?
MyReferではそんな過去の採用候補者に対して再スカウトを行った場合候補者がどう思うのか?意識調査を行いました。無料でダウンロードが可能ですので、是非貴社採用にご活用ください。
【タレント・アクイジション実態調査vol.1】過去不採用/辞退した会社からのスカウトに対する意識調査

①再スカウトに好意的な候補者は全体の約9割

一つ目は、過去に最終選考まで進んだ企業からの再スカウト、再応募への印象についての印象をリサーチした結果です。調査から、再スカウトに好意的な候補者は、全体の86.6%も存在することがわかりました。

②過去最終選考に進んだ企業への再応募可能性がある候補者は全体の8割

二つ目は、過去最終選考に進んだ企業へ再応募する可能性がある候補者についてのリサーチ結果です。
過去最終選考へ進んだ企業への再応募可能性がある候補者は81.2%もいることが分かりました。

戦略的に人材を獲得するためにはタレントプールが有効

上記の結果から、過去に一度お会いした候補者でも、再度選考を受けることを好意的ととらえる方が多いことがわかりました。企業が戦略的に人材を獲得していくためには、一度選考をして終わりではなく、候補者と中長期的に関係性を気づいていくことが重要であるといえます。採用成功のために、一度お会いした候補者の情報を自社のデータベース内に蓄積していくタレントプールは有効であるといえます。

タレントプールの活用によって潜在層へアプローチしよう

タレントプールとは

タレントプールとは、将来的に採用の可能性がある人材と関係を維持していくため、採用活動の中で会った候補者をデータベースに蓄積していくことをいいます。出会った候補者をデータベースにマージしていき、長期的に関係構築しながらアプローチを繰り返すことで、長い目で自社へ入ってもらう可能性が高まります。
タレントプールを採用活動の中で活用していくことで、もう一度会いたいと思えた候補者にアプローチできます。

また、自社独自のデータベースの中で採用活動を行っていくので、人材紹介会社などにフィーを払う必要がなく、採用コストの削減も期待できます。また、長期的なやりとりを行うことで自社理解が深まっている状態まで熱度を高めることも可能です。これまで採用活動の主流であった「リクルーティング」は、採用競合も多く、他社に欲しい人材を取られることもあったと思いますが、タレントプールは転職市場には出回っていない転職潜在層へアプローチできるため、新たな採用手法として期待できます。

参照:タレントプールという新たな概念とは?|企業の成長にタレント獲得は必須

タレントプールを運用・成功させるポイント

本資料では、
①候補者のタレントプール属性の分類や運用方法
②具体的な運用ステップの実施方法について、

詳しく解説しています。

タレントプール具体的な運用方法、導入方法、ポイントは本資料にて解説しています。
無料でダウンロードできますので、ご興味をお持ちの方はぜひダウンロードください!

資料ダウンロード