RPO(採用代行)とは?採用アウトソーシングのメリットや向いている企業、費用相場を解説

更新
RPOサムネ

企業の採用活動で注目されているのが、採用のアウトソーシングである「RPO(採用代行)」。Recruitment Process Outsourcingの頭文字を取った言葉です。

このRPOのサービス概要、RPOが注目される背景やRPOでできることをはじめ、RPOに向いている企業やメリット・デメリット、導入費用、導入時の注意点について解説します。

RPO導入マニュアル
無料公開中

RPO(採用代行)とは?

RPO(採用代行)の概要

「RPO」とは「Recruitment Process Outsourcing」(リクルートメント・プロセス・アウトソーシング)」の略で、採用業務をアウトソーシングすることを言い、採用代行サービスとも呼ばれています。

企業の採用活動には様々な採用手法が広がっており、それらに対応し良い人材を採用したいと考えると、その採用業務は多岐にわたり非常に多くの工数がかかってしまいます。そこで採用業務の一部や全てを、採用活動のプロである外部企業に委託するのが「RPO(採用代行)」です。

資料をダウンロード

RPO(採用代行)が注目される背景

(1)人事採用担当の工数増加

近年では、採用チャネル・WEB媒体の拡大から、人事採用担当者の工数が増加しており、既存のメンバーではまかないきれないことが増えてきました。それに伴い負荷軽減を目的としてRPOを導入することがあります。

(2)採用業務の「質」向上が求められている

少子高齢化による労働人口の減少等による採用市場の激化により、各社、既存の採用手法の質向上が求められております。既存の業務に追われてしまいなかなかそういった業務にまで手が回らない場合、RPOを利用して上段の設計部分から支援をすることでこういった課題を解決できるソリューションとして注目を集めています。

RPO(採用代行)でできること

RPOでは、具体的にどのような業務を代行するのvでしょうか?



(1)採用計画の立案

採用業務でまず大切になるのが、採用計画の立案です。会社の事業計画をベースに、どの部署に、どんな人材を、どの時期に、何人くらい採用するかなど、戦略的に計画を立てる必要があります。

また、採用計画の策定後、採用チャネルの企画、選定、採用市場から見た自社の強みや課題の整理とブランディングへの転換、各種手法にかける予算の整理と承認などを行い、採用計画を達成させるための実行戦略を策定する必要があります。

RPO(採用代行)では、上記のような戦略戦術の策定からプロセスの一部代行まで切り出して業務代行をすることが可能となっています。

(2)採用母集団の形成

どの部署にどんな人材が欲しいか計画を立てたら、採用母集団の形成を行います。筆記試験、書類、面接などの各選考フェーズで歩留まりが発生するので、過去の歩留まり率から逆算して目標の母集団を決定。目標の採用人数達成を目指します。

具体的には求める人材に最適な求人サイトや、人材紹介会社などを選定し予算管理・募集活動を行います。複数の求人広告を利用する場合、それらの管理も代行することができます。

(3)選考や面接対応

RPO(採用代行)では応募者の選考や面接の代行等ができます。評価定義の決定から、応募者のスクリーニング作業、書類選考、Webテストや筆記試験、適性検査などの実施を行うことができ、また、応募者と連絡をとり面接日時を調整したり、面接を代行することもできます。

場合によっては、社内の面接マニュアルを作成したり、面接官のトレーニングを行ったりと、採用活動のクオリティアップを図ることもあります。

(4)入社前後対応と内定者フォロー

RPO(採用代行)では人材を確保したら終わりではなく、入社前のフォローアップや入社後のケアまで行ってくれたり、その他内定通知書の送付など書類関係の対応も行ってくれます。

複数内定承諾が当たり前になっている昨今において、内定後にフォローを行うなどの内定辞退防止に向けた施策の計画から実施は必要不可欠になっておりますので、状況に合わせて代行してみてはいかがでしょうか?


資料をダウンロード

企業がRPO(採用代行)を導入するメリット

企業がRPOを導入すると、どんなメリットがあるでしょうか?

(1)既存オペレーションの負荷軽減による採用工数の削減

RPOを導入することで煩雑な採用業務の負担を軽減できます。
採用業務は多岐にわたり手間のかかる作業が少なくありません。それらを外部企業に任せることで、社員は自社社員にしかできない面接や内定辞退防止といった重要な業務に専念することができます。
また、新しく人事担当者を採用するよりもコスト削減になることもあります。

(2)外部パートナーの知見獲得による採用活動の品質向上

RPOを行う企業は、採用のプロフェッショナルです。そのため、自社にはない採用のノウハウやスキルを活かして採用活動の品質向上が図れます。
自社単体では取り組むことが難しかった採用手法なども、RPOによって実施できる可能性もあるでしょう。
また、様々な場面で客観的なアドバイスをもらう機会にもなります。社外の立場だからこそ自社にはない視点で採用活動を支援してくれることが期待できるでしょう。

企業がRPO(採用代行)を導入するデメリット

また、デメリットは何でしょうか?

(1)自社に採用ノウハウが蓄積されない

RPOは外部企業を利用するため自社にノウハウが蓄積されづらいことがデメリットとして考えられます。今後も継続的に採用活動を行い、かつノウハウの蓄積を行いたい場合、自社に人事採用担当者を採用するなどの抜本的な対策も必要になってきます。

(2)採用のミスマッチがおこる

母集団形成から内定承諾までの採用業務を一貫して委託すると、自社が求める人材像やスキルだけではなく、自社が大切にしているカルチャーや「自社らしさ」と入社者の志向性やキャラクターとのギャップが生まれてしまうことが考えられます。
事前に、希望する人材について十分な話し合いをするほか、採用の最終判断は自社で行うなど、本プロジェクトを「採用」で終わらせずに「定着や活躍」を目的にPDCAを回しましょう。

(3)情報漏洩のリスク

RPOには情報漏えいのリスクも懸念しなければなりません。ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証やプライバシーマークの認証を取得しているか、情報管理が行き届いているか、セキュリティに関する社員教育が徹底しているかなどを確認しましょう。

RPO(採用代行)導入に向いている企業

RPO(採用代行)のメリット・デメリットを踏まえてどのような企業がRPO導入に向いているのでしょうか?
以下のような場合、RPO導入に向いている可能性が高いといえるでしょう。

(1)人事の人手不足の企業

人事業務は多岐に渡るため分野ごとで振り分けできている場合が一般的ですが、中小企業や人事担当者が少ない企業では、少ないヘッドカウントで業務を回すこともあります。
人事が人出不足だと、既存のオペレーショナルな作業をこなすのに精いっぱいになってしまい、新しい施策の立案に手が回らないこともあります。
また、新しい人材を取り込む余裕がなくなってしまい、工数も人出も足りないまま少ない担当者で人事業務を回すという負のスパイラルに陥る場合もあるでしょう。
外部にリソースを委託できるRPOを導入することで、人事業務の振り分けを行うことができるので、集中したい人事業務にリソースを充てることができます。

(2)人材の確保が進んでいない企業

人材の確保が上手く進んでいない企業は、自社が採用したい人材が他社バッティングに競り負けてしまったり、自社の魅力を上手く候補者に訴求できていないこともあるでしょう。
自社の魅力訴求が、ターゲットのインサイトからずれてしまっていると、採用で使用している広告媒体の費用対効果も悪化してしまうことも考えられます。
そこで、企業にRPOを導入することにより、自社の魅力的なブランディング策定といった根本的な土台作りをプロに任せることが可能となるため、企業の魅力を再度発見して採用活動を行うことができます。
MyReferのRPOは、自社の魅力を再発見する「ファンベース採用サーベイ」を用いて、データや材料を収集しながら自社の魅力の発掘ができ、企業の採用活動を成功に導きます。

(3)人材を育成できていない企業

人材を育成できていないということは、人事担当者が環境整備に関して知見が足りていなかったり、企業内でマネジメントを行う人間の指導スキルや育成スキルが足りていないことが要因の一つです。
また、人材育成のノウハウがあっても教育まで行うリソースが足りない人事担当者も、工数削減の効果が期待できます。
RPOを導入することにより、様々な企業の人事業務を担当してきたプロ達の知見を用いて制度設計が可能となるため、社員が働きやすく、社員が育ちやすい社内環境を整えることができます。
MyReferのRPOに一部人事業務をノンコア領域をRPO委託することにより、人事のコア業務に専念することが可能となるため、人材育成などの業務に専念する環境づくりが可能となります。

(4)人材の流動が激しい企業

人材の流動が激しい企業も、RPOが向いている対象であるといえます。
ジョブローテーション制度や社内FA制度などの制度が未熟であったり、従業員が入社前と入社後で就業に対するギャップが生まれている場合は、従業員の離職の原因となりえます。
また、社内の職場環境が悪化していることも人材の流動が激しい原因の一つとなりうるため、社内の働きやすい環境づくりは人事の重要な業務の一つです。
MyReferのRPOは社内制度の構築から支援までを一気通貫で行うことができるため、各企業ごとに支援内容をカスタマイズしながら職場環境づくりができます。
人材の流動に対して解決の一助となることが可能となるでしょう。

RPO(採用代行)にかかる費用

RPO(採用代行)の導入にかかる費用の相場は、どのくらいでしょうか?
RPOの委託費用は、業務内容や採用人数によって異なるため、一概に相場を出すことは難しいです。さらにRPOを行う企業の料金体系は、「面接代行で、1回1万円」「面接日時の設定で、月額3万円」などと、請け負う業務ごとに細かく料金を設定している場合や、採用活動をパッケージ化して月額料金を設定している場合など様々です。

(1) 管理費モデル(枠)
決められたポジション数の採用に対して費用を支払うモデル。

(2) 採用単価モデル(成果報酬)
RPOを通して採用に至った数(オファーを出した数)によって費用を支払うモデル。

(3) 候補者リスト単価モデル(成果報酬)
応募者数や書類選考通過数などに応じて費用を支払うモデル。

(4) プロセス単価モデル
スカウトメールの送付や書類作成など、RPOで定めた特定の業務に応じて費用を支払うモデル。

「就職白書2020」(就職みらい研究所)によると、2019年度の1人あたりの平均採用コストは、新卒採用が93.6万円、中途採用は103.3万円でした。この金額をひとつのベースとして、RPOの費用について判断してもいいのではないでしょうか。

「就職白書2020」(就職みらい研究所)
https://shushokumirai.recruit.co.jp/wp-content/uploads/2020/06/hakusyo2020_01-48_up-1.pdf

RPO(採用代行)を導入する際の注意点

RPO(採用代行)を導入することになった場合、利用前に以下の点について注意しましょう。

(1)委託業務と自社業務を明確にする

採用業務は広範囲に及ぶため、その一部を委託先に依頼する場合は、どの部分の業務を依頼して、自社ではどの部分を担当するのか、それぞれの業務範囲を明確にしましょう。

この業務分担を最初にきちんと把握できていないと、「指示はなかった」「依頼されたサービス内容には含まれていない」などと、トラブルに発展しかねません。両社の業務範囲を正しく認識することでスムーズに採用活動を行えるようにしましょう。

(2)定期的に情報共有する

情報共有によって求める人材像の認識のズレを防いだり、より効率的な作業を進められるようになったり、採用ノウハウやスキルの向上に繋がることが期待できます。密に連絡をとり困ったときには相談してもらえる関係性を構築できるといいでしょう。

まとめ

採用活動は、企業の成長に大切なプロセスとなりますが、その業務は煩雑で企業にとって負担は小さくありません。採用活動で成果が見られないと感じる場合や、社内業務の負担軽減を検討している場合などは、RPOの導入について考えてみてはいかがでしょうか。

採用計画の立案や実行はMyReferにおまかせ


RPOについて問い合わせる

RPO(採用代行)導入は、工数削減や、採用の質を高めたい企業様に向いています。
面接や候補者との連絡などのオペレーショナルな業務から、戦略策定といった人事制度を0ベースで構築できるサービスなど幅広く存在しているため、自社に合ったサービスを選定することが重要です。

MyReferでは、企業の採用戦略をゼロベースで策定するところから、採用活動内の細かな業務切り出しまでをRPOで伴走支援しています。
例えば、RPO導入を行うのか?どこまで業務切り出しを行うのか?など複雑性の高い組織課題を抽出する為にファーストステップで業務伴走型で課題発見をおこない、ネクストステップで領域拡大をしながら採用ブランディングのお手伝いに入っていく等が想定ケースです。
一部のオペレーショナルな業務だけでなく、採用プロセス・採用戦略の策定や、採用要件の定義支援など0から1を作る制度設計を得意としています。

MyRefer、MyTalentといったプロダクトを用いて、貴社のニーズに合わせて様々な支援メニューを組み立て、採用をワンストップでご支援いたします。
ご興味をお持ちの方は下記より資料をダウンロードください。

RPO導入マニュアル 公開中