通年採用と一括採用の違いとは?導入のメリットと方法を解説

更新
RPOサムネ

目次

  • 通年採用とは?
  • 通年採用が注目される背景と現状
  • 通年採用を導入するメリット・デメリット
  • 通年採用の導入ステップ
  • 通年採用を成功させるポイント
  • まとめ

近年多くの企業が取り入れている「通年採用」とは、どんな採用方法のことでしょうか?通年採用が注目される背景と現状について解説し、通年採用のメリットとデメリットをご紹介します。また通年採用を導入するためのステップと、成功のポイントもまとめております。

通年採用とは?

「通年採用」とは、年間を通じて採用活動を行うことを言います。
これまで新卒採用では、「新卒一括採用」が主流でした。毎年3月頃からエントリーが開始され、6月頃から面接が始まり、半年ほどの期間を限定して一度に採用活動を行います。それに対して、通年採用は期間を限らずに採用を行います。

また新卒一括採用は対象が新卒者に限られますが、後述の理由により、通年採用では新卒者だけでなく、第二新卒を含む中途などの既卒者、海外の学校を卒業した人、留学生など、対象者が幅広くなります。

通年採用が注目される背景と現状

近年、新卒採用の採用方法で、従来の新卒一括採用から通年採用にシフトする動向が見られるようになっています。そのように通年採用が注目されるのは、なぜなのでしょうか?

通年採用が注目される背景

多くの企業が通年採用に注目するようになってきた最大の理由に、人材不足による採用競争の激化があります。

日本では少子高齢化により労働人口が今後ますます減少していくため、人材を確保することは業界や職種を問わず、多くの企業にとって課題となっています。そこで、新卒一括採用だけでは十分な人材を確保できないことから、第二新卒など新卒者以外も対象にして幅広く採用活動を行う必要が出てきています。

また日本の大学と海外の大学では卒業時期が異なるため、新卒一括採用では海外の大学を卒業する人材や留学生を採用しにくいことがあります。それに留学経験者や海外の大学で学んだ学生は、グローバルな視点を持った優秀な人材が多いと言えます。そこで世界から優れた人材を集めるためにも、通年採用がより好まれるようになってきました。

ポテンシャル採用とは?メリットや注意点を紹介

ポテンシャル採用とは?
メリットや注意点を紹介
詳細はこちら

通年採用の現状

「就職白書」によると、新卒採用の方法・形態として「通年採用」を行っていると答えた企業の割合は、以下のように年々増加していることがわかります。
2020年卒 17.5%
2021年卒 25.1%
2022年卒 27.0%

出典:
就職白書2021(みらい研究所)
https://shushokumirai.recruit.co.jp/wp-content/uploads/2021/02/hakusho2021_20210216-1.pdf

就職白書2020(みらい研究所)
https://shushokumirai.recruit.co.jp/wp-content/uploads/2020/07/hakusyo2020_01-48_up.pdf?_fsi=urTXuj6U

通年採用を導入するメリット・デメリット

では通年採用を導入すると、どのようなメリットが得られ、デメリットにはどんなことが考えられるでしょうか?

通年採用を導入するメリット

企業側のメリット
通年採用では海外大学卒業者や留学生など、新卒一括採用ではアプローチできなかった層に出会える可能性が増えます。

また、一度に大人数と対応しなければならない新卒一括採用と比べて、企業側は時間をかけてじっくりと選考を進めることができるため、企業が定める選考基準にもとづいて丁寧に選考でき、求める人物像を見極めやすくなります。

応募者側のメリット
通年採用では、期間が限定されていない分だけ、自己分析やエントリーシートの作成、面接対策などの事前準備をゆとりのあるスケジュールで行うことができます。

また、従来時期等の要因で応募することができなかった企業にも応募することができるようになります。

通年採用を導入するデメリット

企業側のデメリット
通年採用では年間を通して求人広告を出し、常に選考が行われるため新卒一括採用に比べ採用コストがかかります。

また、通年採用は常に募集と選考が行われる状態のため、新卒一括採用であれば大規模な会社説明会を小数回行っていたところを通年採用では小規模な会社説明の回数を増やして実施するなど、一部の業務においては採用担当者の負担が大きくなります。

応募者側のデメリット
企業側が時間をかけて選考を行うことができるため、企業の求めるレベルが高くなることがあり、選考のハードルが上がることがあります。

また、新卒一括採用では就職支援サイトを利用して各社の情報収集を簡単にできますが、通年採用ではそのようなサイトは存在せず、応募者が、一社ごとに採用スケジュールや募集内容を調べる必要があります。

通年採用の導入ステップ

通年採用を導入する際のプロセスを見てみましょう。

採用計画を立てる

まず初めに、部署ごとにどのようなスキルを持った人材を、いつまでに、何人採用するべきか、採用計画を立てます。新卒一括採用と違うのは、第二新卒なども対象にする場合、中途採用と同様に入社時期が4月に限定されない点です。

また、期待する知識や経験、求める人物像などについても明確にして、現場と人事それぞれに共有しておきましょう。これによって採用するターゲットが明確になります。

採用・選考方法を決める

次に、ターゲットに対してどのように求人告知を行うべきか、具体的な採用手法について決めます。どのような求人媒体に掲載するか、説明会やインターンシップの企画、自社のWebサイトへの掲載など、さまざまな採用手法について、費用と効果を考慮しながら検討していきます。
新卒一括採用では大量の求人が集まるために埋もれがちな採用手法も、通年採用では分散するために有効な場合があります。

またエントリーシートや適正試験の実施、面接の方法など、選考方法についても検討しましょう。

社内の受け入れ体制を整える

通年採用では、入社時期にバラつきが出ますが、それぞれの部署や研修担当で受け入れ体制を整えておく必要があります。新入社員がスムーズに企業になじみ、業務に集中できるようなフォロー体制を検討しましょう。

通年採用を成功させるポイント

通年採用で、希望する人材を採用するためにはどのような点に注意するべきでしょうか?

人事リソースの確保・体制構築、工数削減

通年採用にすると採用にかかる工数が増加することが懸念されます。
「採用チームを強化する」「採用ツールを活用する」「採用業務をアウトソーシングする」など、リソースの確保や工数削減のための工夫が必要となるでしょう。

採用手法の拡大

リファラル採用、インターンシップなど企業の状況に合わせて採用手法を拡大することが必要になるでしょう。単に母集団の数を追うのではなく、ターゲット層の応募数や承諾率など、より採用に近い数字をKGPIに設定する事も必要かもしれません。

通年採用では企業側・応募者側ともに時間をかけることができるため、リファラル採用やインターンシップからの採用など、よりマッチング精度の高い手法との相性が良い傾向にあるでしょう。

通年採用を行っていることの周知・宣伝

採用媒体や、オウンドメディア、SNS、広告等を使い通年採用を行っていることを求職者に周知・宣伝しましょう。採用広報をうまく活用して、企業のビジネスの本質や、求める人物像や採用ポジション、仕事のやりがいなどを求職者に伝えましょう。

採用広報の重要性 施策の決定やポイントを解説

「ファン創造」という採用マーケティング活動とリファラル採用の関係性
詳細はこちら

社内の受け入れ体制を整える

通年採用では、入社時期にバラつきがでてしまうため、それぞれの部署や研修担当で受け入れ体制を整えておく必要があります。新入社員がスムーズに企業になじみ、業務に集中できるようなフォロー体制を構築しましょう。

まとめ

若い世代の労働人口が少なくなっていく今後は、労働力獲得の競争がますます激化していくと予想されます。新卒一括採用のような従来の決まりきった方法にこだわるのではなく、柔軟な採用手法に目を向けることで、より良い採用活動をしていきましょう。